カテゴリー: 未分類

専門学校の学費

専門学校のメリットについて説明しましたが、こちらでは学費について説明します。行政書士の専門学校の料金は、社会人向けの夜間クラスなら20万~25万程が相場です。教室での授業に加えて、自習室の使用、インターネットを使ったWEB学習やDVD授業がサポートされている場合もあります。別途入学金がかかる時もあります。期間は週2回で1年程が一般的ですが、中には半年程の短期集中コースもあります。また過去に受験した事のある人向けのコースを設けている学校もあります。基礎講座が省かれている場合が多く、その分値段も安くなります。

専門学校専門学校によっては定期的にキャンペーンを実施していて、入学金の免除や受講料の割引が適用される場合もあります。気になっている専門学校があるなら早めに情報をチェックしておけば、お得に受講できる可能性があります。

行政書士の専門学校の中には、同時に大学卒業の資格が取れる学校もあります。この場合は100万程度と値段が上がります。しかし実際に大学に通う事を考えると年数も学費もかなり節約できますから、大卒の資格も合わせて欲しい場合にはおすすめです。

多くの専門学校は資料請求に応じていますし、無料で講座を体験できる学校もあります。少なくとも半年は通う事になりますから、実際に足を運び雰囲気を経験してみる事はとても大切です。

専門学校のメリット

専門学校にも様々な種類があります。通常の高校や大学のように朝から夕方まで授業をしている学校もありますが、中には社会人向けに夜間授業を行っている専門学校もあります。行政書士の資格取得は独学でも不可能ではありませんが、法律など幅広い知識が必要になるため独学では挫折する人も多くいます。

メリットメリット専門学校のメリットは、対面で必要な知識を学べる所です。講師はその道のプロですから分かりやすく教えてくれます。それでもよく分からない点や、疑問に思った点はすぐ質問し解決する事ができます。自宅でテキストを読む勉強ではそれができません。また専門学校で作られているテキストには専門学校独自のノウハウが詰まっています。

もう一つのメリットは、孤独を感じない事です。マンツーマンの授業でない場合、教室には他にも生徒がいます。同じ目標を持つ人が傍にいるというのは、それだけで心強い事です。クラス内で学生時代ほどの交流はありませんが、それでも友達ができる場合があります。社会人になると特に交友関係が絞られがちですから、社外でできた友人は貴重な存在です。しかもわざわざ専門学校に通うだけの向上心がある相手です。今後別の目標ができた時にも、お互い励ましあって切磋琢磨できる可能性があります。続いては、学費について説明します。

専門学校で資格を取る

行政書士は官公庁などに提出する書類作成や申請手続きを代理で行う仕事です。扱える領域は幅が広く、数百種類とも言われます。幅広い分野で活動している行政書士はいますが、多くはある程度分野を絞って活動しています。

行政書士行政書士行政書士行政書士は国家資格です。受験資格は特になく、年齢、国籍に関係なく誰でも受験できます。扱える領域の広さから人気の資格ですが、その分覚える事も多いです。独学も可能ですが、行政法、民法、商法など各種法律の幅広い知識が必須です。合格率も10%前後と低めです。試験範囲の広さからどこから手をつけるべきか分からず、初めからつまずいてしまう事もあります。そのため、多くの人が通信講座や専門学校への通学でこの資格を取得しています。

通信講座と専門学校どちらを選ぶかは本人の性格やライフスタイル次第ですが、おすすめは専門学校です。行政書士は勉強内容が多いため、一人での勉強は孤独になりがちです。また法律用語は言い回しが独特な事が多く、内容を理解するのも一苦労です。そんな時に通学講座なら直接講師に質問できますし、周りに仲間がいれば励みになります。

専門学校は通信講座と比べて値段も高いですが、それに見合うだけの成果も期待できます。最近は教室での授業以外にインターネットや自習室を使った補習が受けられる学校もあります。また、学費を無駄にしたくない気持ちがモチベーションに変わる事もあります。次のページでは専門学校のメリット学費について説明します。