専門学校で資格を取る

行政書士は官公庁などに提出する書類作成や申請手続きを代理で行う仕事です。扱える領域は幅が広く、数百種類とも言われます。幅広い分野で活動している行政書士はいますが、多くはある程度分野を絞って活動しています。

行政書士行政書士行政書士行政書士は国家資格です。受験資格は特になく、年齢、国籍に関係なく誰でも受験できます。扱える領域の広さから人気の資格ですが、その分覚える事も多いです。独学も可能ですが、行政法、民法、商法など各種法律の幅広い知識が必須です。合格率も10%前後と低めです。試験範囲の広さからどこから手をつけるべきか分からず、初めからつまずいてしまう事もあります。そのため、多くの人が通信講座や専門学校への通学でこの資格を取得しています。

通信講座と専門学校どちらを選ぶかは本人の性格やライフスタイル次第ですが、おすすめは専門学校です。行政書士は勉強内容が多いため、一人での勉強は孤独になりがちです。また法律用語は言い回しが独特な事が多く、内容を理解するのも一苦労です。そんな時に通学講座なら直接講師に質問できますし、周りに仲間がいれば励みになります。

専門学校は通信講座と比べて値段も高いですが、それに見合うだけの成果も期待できます。最近は教室での授業以外にインターネットや自習室を使った補習が受けられる学校もあります。また、学費を無駄にしたくない気持ちがモチベーションに変わる事もあります。次のページでは専門学校のメリット学費について説明します。